高齢のお母さんのために健康維持のために気をつけて要る事例

今年80歳になる女性のごちそうは、最も例年オリジナリティが必要になって来ているのを痛感している。

なぜなら、女性は心臓弁膜症のオペレーションを通しているので血栓抑制のためにワーファリンという薬を飲んで治療を受けているからだ。

こういう薬の効き塩梅を毎回の受診で血検査を通じて調べて買うのですが、統計が適切な状態にないとなりません。

血栓抑制のための薬ですので、あまりにも効きすぎる状態になっていれば、出血の懸念が上がるからです。

ただし、単に薬の統制をしてもらうというだけではなく、普段の食べ物をどんなに大切にするかということも重要なコンポーネントだと感じています。

なぜならば、前年の出遅れのことですが、胃の状態が悪くて食欲不振に陥ったタイミングがありましたが、その時、ワーファリンが効き過ぎてしまい数日間解約を通して、後日、ワーファリンの調整にひと月限りかかった経験があるからです。

ごちそうを敢然とすることによって、ワーファリンを調整出来ていることがあるので、日々のごちそうはおろそかにはできません。

高齢の女性でがんらい小柄なので、嵩は知れているのですが、ひたすら沢山のフードを摂るように工夫している。

アシスタントちゃんから教わった「またくちにやさしいわ」という語呂合わせがあるのですが、それぞれのフードの頭文字をつないでいます。

何かバランスが悪いな?と感じたら、こういう語呂合わせで足りないものを出来るだけまかなうようにしています。

「取ることは通じる店」って仰ることがありますが、必ずその通りだと実感している毎年ですね。やっぱりコラーゲンは、ファンケルのドリンクがいい。